カテゴリ:movie - 映画 -( 20 )

A Christmas Carol

「クリスマス・キャロル」の3D版を観ました。
吹き替え版を観たかったのですが、19時からの回のみってことだったので、吹き替え版で。
初めて3Dの映画を観ましたが、ものすごい迫力。
自分のメガネの上に、3D用のメガネをかけて、ちょっと重苦しい体勢で望みました(笑)。

席が前の方だったということもありますが、あまりにリアルで、
途中で乗り物酔いに似た感覚で気持ちが悪くなりました・・・。
空とかビュンビュン飛ぶシーンは、途中から目をつむって見ないようにしてました・・・。
e0051353_13364095.jpg

内容としては、子供向けだなぁ・・・と少々拍子抜けでしたが、
人々の動きや微妙な表情がアニメとは思えない素晴らしい完成度でした。
あれは、お見事!としか言いようがありません。

過去は変えられないけれど、自分次第で自分の未来は変えられる!!

日ごろの自分の行ないをきちんと省みて、
自分にとって、自分の周りの大事な人たちにとって
後悔のない、素敵な未来になるように、毎日をちゃんと生きなくてはいけないって思いました。
[PR]

by shiho0623 | 2009-12-12 20:41 | movie - 映画 -

Suriちゃん

e0051353_2345121.jpgTom Cruise と Katie Holmes の赤ちゃん、Suriちゃん。

意外でしたが、黒髪なんですねぇ。すごーく可愛いねぇ~。

私の周りにもここ数年でパパとママがすごーく増えました。つくづく、自分もそんな年齢なんだなぁ・・・と実感します。
親になることで、今までの生活とはガラッと変わりますが、パパとママ自身、赤ちゃんを育てながら、人として、親として、一緒に成長するものなんですよねぇ・・・。

Katie Holmesが、この雑誌の中で "She(Suri) is the miracle of our life." と言っていましたが、ほんと、ミラクルなんだろうなぁ・・・って思いました。
[PR]

by shiho0623 | 2006-09-07 23:44 | movie - 映画 -

TALES from EARTHSEA - ゲド戦記 -

e0051353_175596.jpg"ゲド戦記" の試写会に行ってきました。

♪心を何にたとえよう 一人道行くこの心
  心を何にたとえよう 一人ぼっちの寂しさを♪

手嶌 葵さんの透き通った歌声が今も耳から離れません。

今回の作品のキャッチコピーは『見えぬものこそ。』
生と死について説いている作品です。ここ数年のジブリ作品の"ハウルの動く城" や "もののけ姫" に似た、観終わった後の?感は若干あるものの・・・、私的には好きでした。

でも・・・やっぱり私の中の3大映画"ナウシカ"、"ラピュタ"、"トトロ"は抜けません・・・。
[PR]

by shiho0623 | 2006-07-09 23:07 | movie - 映画 -

The Davinci Code

e0051353_22271463.jpgついに観てきました、『ダ・ヴィンチ コード』。
いやー、面白い!
なんて、そんな簡単な言葉で感想を述べてはいけない感じです・・・。
私って、やっぱり無知なんですよねぇ・・・。本当に本当に情けなかった。
本を読んで、内容を理解しないと、「観た」とは言っていけない感じです。

宗教って本当に奥が深いから・・・。
キリストは神だったの? 人間なの? キリストの血を引く人、キリストの末裔はいるのか・・・。
うーん、難しいわ。

でも、私が一番に感じたことは「オドレイ・トトゥはキレイだわー」でした・・・。

e0051353_22294632.jpgあれから早何年???
ルーブル美術館の "モナリザの微笑み" も、ミラノのサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会にある "最後の晩餐" も麻衣ちゃんと一緒に見たねー。
ルーブルにはまた行きたいな、と思います。映画のラストシーンでトム・ハンクスが立ったところに行って、同じポーズをしたいな・・・と(^_^;)。
[PR]

by shiho0623 | 2006-06-25 22:26 | movie - 映画 -

明日の記憶

e0051353_22114063.jpg"明日の記憶" を観てきました。
若年性アルツハイマーと診断された50歳のサラリーマンの、日々失われていく記憶と戦う、なんとも考えさせられるテーマ。

私は奥さん(受け止める家族)の立場で観ていましたが、自分も壊れていってしまうような錯覚さえ覚える・・・ちょっと怖くもあり、重たい作品でした。
意外にも、これは渡辺謙さんの映画初主演作。
彼の演技もさることながら、私は奥さん役の樋口可南子さんの演技にただただ胸を打たれました。また周りを固める、及川光博、香川照之、袴田吉彦、水川あさみ・・・みーんな、とってもステキでした。

ラストシーンは苦しく・・・そして、悲しかった。

当り前のことが当り前にできるって本当に本当にすごいことなんだなぁ・・・と思える、胸にぐぐっとくる、素晴らしい作品だと思いました。
[PR]

by shiho0623 | 2006-05-28 22:12 | movie - 映画 -

DVD作り -Making DVD-

e0051353_1485643.jpg母の努力の作(?)。それはたくさんの映画のDVDたち。
留学から帰ってきた私に見せようと、頑張ってパソコンで作ったんだって。
しかし、どれも顔が真っ白。なので、タイトルとイメージを作ってあげました。
久々にPhotoshopを使いました。

←これらは、ほんの一部です(^^ゞ。

They were a fruit of my mom's efforts which are lots of DVD discs of movies. She tried to make them by laptop to show me when I came home from Canada.
But They are blank, I mean they have no title, no image... so I made and print their title and some images on them. It's been a long time to use Photoshop.

[PR]

by shiho0623 | 2006-05-04 22:10 | movie - 映画 -

24 - Twenty Four -

e0051353_2344065.jpg今更ですが、「24」にはまっています。Vancouverにいた時は、TVでシーズンⅣが放送されていましたが、見ませんでした。というのも、中途半端にもシーズンⅡしかみたことがなかったからです。
今やっと、シーズンⅠを見始めて大興奮中の毎日です。

It's too late now, I am addicted to "24" that is one of the popular drama in US. When I was in Vancouver, we could see the seasonⅣ on TV. But I didn't watch it on purpose, because I watched this drama only their seasonⅡ, not from the seasonⅠ.
I thought it would be hard to understand the whole of story if I watch in the middle of this. Finally, I started to watch their seasonⅠ. Everyday I am exciting!!

[PR]

by shiho0623 | 2006-04-03 22:37 | movie - 映画 -

"PRIME"

e0051353_18195245.jpge0051353_18203628.jpg
私のお部屋からの景色です。ステキでしょ!! 今日は快晴ですが雪が溶けず、未だにBurnabyの街は白いまま。

e0051353_2001745.jpgDowntownの "Pramount" で、ちかちゃんと、そのお友達・かおりちゃん、かおるちゃん(本日、お初にお目にかかります!)とずっと気になっていた "Prime" を観てきました。
最近お気に入りの女優さんのひとり、ユア・サーマン主演の作品です。相手役のブライアン・グリーンベルグは今回初めて見ましたけど、久々に「あ~この人、格好いいなぁ」と思えた俳優さんでした。
ユア・サーマンの役は37歳っていう設定ですけれど(実際は35歳らしい、でもステキ♪)、とってもキレイでキュートで、スタイルも良くて・・・ますます好きになりました。そして、私もこんなステキな37歳になれたらな~と思いました(絶対に無理だけど・・・(-"-)・・・)。
37歳のラフィー(ユア・サーマン)と23歳のデイビット(ブライアン)はお互いに惹かれ合い、付き合いますが、ラフィーは14歳の年齢差を考えて、彼女のセラピー(メリル・ストリープ)に相談し・・・そうして、事態はどんどん展開していきます。
すごく入り込んで観ていたいので、時々声を出して笑っちゃったりしました。メリル・ストリープがこれまたいい味を出していて! 私の中ではお気に入りの作品に仲間入りです。ただ、結末が・・・切ない(>_<)。「えー、どうしてぇ・・・」って思っちゃいました。

まだ100%理解できるレベルじゃないから、今回も2箇所くらい分からない部分がありました。たぶん、最後のシーンで、この映画の要となる台詞をユア・サーマンが言ったんだと思うんだけど、ちゃんと聞き取れませんでした(-"-)・・・。日本に帰ったら、もう一度観たい作品です。日本で公開されるのか・・・ちょっと分かりませんが、もしやっていたら、観に行ってみてください。

e0051353_2054389.jpgその後、これまた前から行ってみたかった"Art Gallery Café" にみんなで行きました。
小腹がすいたので、昨日に引き続き "Apple Peach Crumble" をいただきました、甘いけど、めちゃうまっ!
お茶しながら、たくさんお話しました。とっても好感の持てるお二人で、これからもよろしくお願いします!!って感じでした。
[PR]

by shiho0623 | 2005-12-03 22:00 | movie - 映画 -

Need some fear on the airplane??

e0051353_18181584.jpg今日は雨。予定を変更して、チャイナタウンで飲茶ランチをして、それから映画館へ。
前から気になっていた "フライトプラン" を見て来ました。
この映画、客室乗務員を悪者として描いているとして、9万人の客室乗務員たちがこの映画の鑑賞をボイコットしようと呼び掛け合っていたことで、話題になった作品です。
Jodie Fosterの演技はさすが! でも、内容は・・・最後はあっけなかったかな。
日本の公開は来年のお正月あたりみたいです。でも、DVDでいいかもって感じです。
Today was rainy day, so we changed our plan.
After having a lunch(Dim Sum) at China Town, we went to theater to watch the movie "flightplan" which I wanted to watch since before.
This movie was coming up before. 90 thousand flight attendants boycotted to watch this movie because this movie described flight attendants were in the wrong. I was impressed by Jodie Foster's performance, but the story ended all too soon...


夫を事故で亡くしたばかりの航空機設計士のカイル(Jodie Foster)は、6歳の娘ジュリアとともにベルリン発ニューヨーク行き、最新型エアジェット(AALTO Air E-474)に搭乗。しかし、高度1万メートルの上空で、ジュリアは突然姿を消した…。乗客も乗務員も誰一人として、ジュリアが機内に存在していたことすら認めない。必死に機内を探すカイルに、乗務員が恐るべき"真実"を告げる…。

After the mysterious death of her husband, Kyle(Jodie Foster) and her daughter Julia were boarding from Germany to New York City. On the AALTO Air E-474 jumbo jet, she took a nap, after that she found that Julia was missing. She tried to find her daughter, but any flight attendants and passengers didn't recognize that Julia is there before. And then, flight attendants told her about some truth... Is she crazy? Is it a conspiracy?

本日のLunch(China Town "花園海鮮酒店"にてDim Sum)。はぁ、また満腹。。。
e0051353_1913520.jpge0051353_19132739.jpge0051353_1914546.jpg
e0051353_19143215.jpge0051353_19151012.jpge0051353_19153916.jpg

[PR]

by SHIHO0623 | 2005-10-30 22:59 | movie - 映画 -

I don't like watching a horror movie...

e0051353_16263916.jpg悲しいことに、今の私にはYOGAしかないみたいで、今日も行っちゃいました。
お天気も昨日の大雨とはうって変わって快晴。
また歩々しました。
向こうにNorth Vancouverの山々が見えます。
真ん中に見えるBridgeみたいなのは、Skytrainのレールです。

e0051353_16273474.jpgHalloweenということで、Horror映画を観ることになりました。
"The Amityville Horror" です。実話を元に作られたこの作品。無駄に怖い! この手の映画はやっぱり苦手・・・途中、何度もIyslenにしがみつきました。
今回観たのは今年の作品で、1979年の"悪魔の棲む家"のリメイク版。オリジナル版の方がもっと怖いらしいです・・・。
Today, we watched "The Amityville Horror" which is horror movie. It was based on the true story. For me, it was uselessly scary... It's a remake of original which made in 1979. I heard original one is more scary. Probably I can't stand watching it.

NY郊外にある、ロングアイランドのアミティビルで1974年11月13日、長男が両親と弟妹をライフルで射殺するという事件が起こりました。格安で売りに出されていたその家に、1年後家族5人が引っ越してきて、その日の夜から次々と怪現象が一家を襲う。そして、28日後…。

On November 13, 1974 in Amityville, Long Island - one family had been murdered in their beds while they slept. Their old son confessed to kill his parents and four siblings with a rifle, saying "voices" in the house drove him to the massacre...
One year later, George and Kathy and their three children moved into this house. But soon the "voices" began again. Then some weird phenomenon began to happen... and 28 days after...

[PR]

by SHIHO0623 | 2005-10-29 23:23 | movie - 映画 -